ローンの話

参加ハウスメーカー 30社以上!

二世帯住宅 > ローンの話

ローンの話

資金計画はどうする?

二世帯住宅を建てる場合、建設資金は現金で払うかローンを組むか、のいずれかになります。親世帯が現金で払い、子世帯がローンを組むなど、親子それぞれで資金を負担するさまざまな組み合わせがあります。ローンの方法は、大きく3つに分けられます。

それぞれの世帯ごとにローンを組む

玄関などが完全に分離した二世帯住宅の場合。2戸の住宅として登記ができれば、それぞれの住宅ごとに抵当権が設定できます。このため、世帯ごとにローンを組めるのです。ただし、親の年齢が、ローン借り入れ要件の上限に達していないことを確認しましょう。

親子の収入合算ローンを組む

親子の収入を合算して、ローンを借りられます。たとえば、子世帯の年収が400万円しかなくても、親世帯の年収が600万円あれば、年収1,000万円と判断されます。借り入れ限度額を増やせる半面、返済額も増えます。
収入を合算すると、民間金融機関では親(子)が債務者になり、子(親)が連帯保証人になるのが一般的です。つまり、債務者が払えなくなった場合は、連帯保証人に債務額の全額を払う責任が生じます。
親に返済できない事態が生じても、子が返済できるように余裕をもっておくことがポイントです。

親子リレーローンを組む

最初は親がローンを払い、将来、子がローンを引き継ぐ方式です。親が高齢で、ローンの借り入れの条件である完済年齢(一般的には75歳~80歳)まで、あまり年数がない場合に適しています。この場合も、子は連帯債務者になります。ローンは1つなので、保証料や手数料が1件分で済むメリットがあります。

親子リレーローンを組んだ際の注意点
民間金融機関ごとに、ローンの中身は少しずつ異なっています。完済年齢やローンの引継ぎ、登記の条件などについて、事前に細かく調べておきましょう。また、親子の収入合算や親子リレーローンを組む場合、一方が万一支払えない事態になった場合を想定して、団体信用生命保険などで備えておきましょう。

■ 団体信用生命保険とは・・・
団体信用生命保険(団信) 住宅ローンの契約者が返済中に死亡、高度障害の状態になった場合、契約者に変わり、生命保険会社がローンの残債を支払う仕組み。ただし、この保険は一般的には、80歳を保険期間としています。それ以降に死亡した場合、残りのローンを子が引き継がなければならないこともあります。事前にローンと団信の内容を確認しましょう。

無料一括カタログ請求

希望に合った二世帯住宅を建てるためにも、しっかりハウスメーカーの比較をすることが大切。ハウスメーカーのカタログをまとめて取り寄せよう!

あなたに合った二世帯住宅を建てよう!

  • 親世代が安全に暮らせる二世帯住宅
  • 掲載希望のハウスメーカー様へ
  • レポート募集中!

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。Copyright (C) 2006-2009 IBI Inc. All Rights Reserved.